プレマリンは通販

プレマリンの添付文書を確認する

プレマリンは更年期障害などに効果のある医薬品です。

ジェネリック医薬品として個人輸入することが可能です。

女性ホルモンの「卵胞ホルモン」を補う薬として、不妊治療などにも幅広く利用されています。

ジェネリック医薬品として個人輸入すると、病院で処方されたときのような解説などはなく、心もとない添付文書だけの場合があります。

使用法に馴れていれば構わないのですが、初めて個人輸入として購入された方は戸惑うことも少なくありません。

更年期障害は、閉経時、女性ホルモンの急速な低下に体がついていけない状態です。

のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、伴うイライラなど、その程度も症状も人によって様々ちですが、一般的には耐えがたい苦痛になるといわれています。

プレマリンは、女性ホルモンとして働く「卵胞ホルモン薬」なのです。

閉経前後に少量を用いることで、更年期障害にともなう不快な症状が改善されることでしょう。

とくに、のぼせや発汗など血管運動神経症状にき効果が高いことが知られています。

また、泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも有効に作用します。

さらに、長期に続けることで骨粗鬆症の予防効果も期待できるのです。

そんな重宝するプレマリンですから、正しく使いたいものです。

禁忌とされていることだけはしっかりと押さえておきましょう。

まずはエストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)、そしてその疑いのある方は、腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがありますので服用を控えましょう。

そして乳癌の既往歴のある方も服用を控えてください。

さらには血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、又はその既往歴のある患者もプレマリンは避けましょう。

エストロゲンは凝固因子を増加させ、血栓形成傾向を促進するとの報告があります。

そして動脈性血栓塞栓疾患、例えば冠動脈性心疾患や脳卒中などの既往歴のある方も使用しないでください。

もちろん妊娠している可能性のある女性も使用してはいけません。肝障害のある方もダメです。

効果が確かだからこそ、禁忌とされていることも多いですが、しっかりと用法用量を守って使えば、確実に更年期障害の低減につながります。

プレマリンは卵巣欠落症状や卵巣機能不全症、さらには腟炎や機能性子宮出血に対する適応もあります。

正式な適応症ではありませんが、腹圧性尿失禁や骨粗鬆症の治療に応用されることもあります。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ