プレマリンは通販

プレマリンと体外受精の関係

プレマリンは擬似的な月経周期を作り出すために処方されることがあります。

1日3回8時間ごと1錠ずつに処方されます。

その効果は、子宮内膜の増殖を促します。副作用として悪心・嘔吐、おりもの増加、体重増加などがみられる場合があります。

これはカウフマン療法といいます。

カウフマン療法は規則的な排卵周期及び月経周期を取り戻す、あるいは擬似的に作り上げるための施術です。

体外受精や不妊治療における人口受精によく用いられる手法です。

その他には思春期における第2次性徴の発現や卵巣機能不全によるホルモン欠落症状の改善などのために取り入れられることがあります。

カウフマン療法は3ヶ月~半年かけて治療を行います。

その後に起こるリバウンド現象において自然排卵周期を起こさせることを目的としています。

カウフマン療法のやり方ですが、プレマリンとデュファストンを22日間服用します。

生理周期における「低温期」にエストロゲンであるプレマリンを投与し、「高温期」にプロゲステロンであるデュファストンを投与します。

この際、デュファストンはなくドオルトンを服用するケースもあります。

服用期間は22日を前後することもあるでしょう。

月経の状態によってはプレマリンを使用しないホルムストローム療法という方法も存在します。

しかしやはりエストロゲンが分泌されないケースが多いものですから、ホルモンをきっちりと補充できるプレマリンを用いたカウフマン療法が不妊治療においては主流となっています。

ただし、プレマリンなど女性ホルモンを服用中は様々な副作用を覚悟しなくてはいけません。

嘔吐、吐き気、乳房の痛み、むくみ、不正出血、発疹、色素沈着、腹痛、頭痛、めまいなどです。

自分の子供を授かるため、不妊治療での人工授精、体外受精を行うのですから、この副作用を乗り越えることができる方がほとんどです。

そして、人によって起こる副作用、程度などは異なります。

カウフマン療法を行っている間は卵巣は休んでいる状態となります。

薬剤を使用して規則的な月経の周期を作り出すのが、カウフマン療法の本質です。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ