プレマリンは通販

プレマリンと喫煙の関係

プレマリンは、女性の更年期障害の治療などに役立てられているホルモン剤です。

閉経を迎えると女性ホルモンの分泌量が急激に減少することから、体調に異変を発症するのが更年期障害です。

これによって生じる不快な症状を、プレマリンなどの服用で女性ホルモンを補えば、治療に役立ちます。

ホルモン補充療法は、まだ国内ではあまり普及していないのが現状です。

年齢が45歳~64歳の女性を比較すると、国内は数%程度しか利用していませんが、欧米では30%~50%もの女性たちが活用しています。

日本のお国柄か、年齢を重ねて変化するのは当然のことであり、老後の質の向上について前向きに取り組むようになったのはつい最近であることから、ホルモン補充療法の低い普及率の背景にあると見られています。

ホルモン補充療法には主に3種類あり、エストロゲン製剤、アンドロゲン製剤、プロゲストーゲン製剤があります。

エストロゲン製剤で最も選ばれているのが、プレマリンです。

一般的な使用方法は、1日にプレマリン0.625mgを摂取します。

市販されているプレマリンは、1錠がちょうど0.625mgの分量になっているものと、そうでないものとがあります。

プレマリンを服用期間中は、喫煙するように医師から指導されることでしょう。

血液が詰まってしまう病気の、血栓症を引き起こすことにつながるからです。

すでにかなりの本数の喫煙が習慣化されている方には、プレマリンなどを用いたホルモン補充療法は行われません。

心血管疾患などの成人病に、喫煙はリスクが高い要因です。

ホルモンを投与するものとして、更年期障害の治療以外に避妊を目的とした低用量ピルがあげられます。

低用量ピルの場合も、年齢が35歳の方で、毎日喫煙を15本以上するという方は、処方の禁忌となっています。

ホルモン剤の服用は喫煙と相性がよくありませんので、医薬品の効果を得ることや、健康への配慮なども考えて、少しずつでも本数を減らすことが大切でしょう。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ