プレマリンは通販

プレマリンの処方について

プレマリンは女性ホルモンである卵胞ホルモンを補充することによって、卵胞ホルモンが影響する婦人科疾患を改善してくれます。

通常、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、腟炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血の治療に用いられることが多いです。

また、不妊治療の際にも頻繁に使用されます。

プレマリンを処方される際、次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に確認をとりましょう。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがあるか、そして乳癌や子宮内膜癌などの既往や疑いのある方、血栓性静脈炎や肺塞栓症の方、冠動脈性心疾患や脳卒中などの方、肝障害、原因がはっきりしていない性器出血、子宮内膜症、子宮筋腫、心疾患・腎疾患の方、てんかん、糖尿病、4週間以内に手術を受ける予定、もしくは長期間寝たきり状態、全身性エリテマトーデス、片頭痛がある方です。

もちろん、妊娠または授乳中他に薬を使っている方も必ず深刻してください。

プレマリンはその効果を弱めたり強めたりする他の薬剤との組み合わせがあります。

誤って他の薬と併用してしまうと、重大な事故につながりかねません。

通常、成人は1日1~2錠を服用します。

ですが治療を受ける疾患や年齢・症状によってその量は調整されます。

必ず処方されたときに聞いた指示通りに、その服用方法に従って使用するようにしましょう。

飲み忘れた場合は気がついたときに1回分を飲むことが適切な場合が多いです。

ただし、次に飲む時間が近い場合はあえて飲まず、次に飲む時間からまた定量を飲むようにします。

2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は、必ず医師か薬剤師に相談するようにしましょう。

そして、医師の指示を受けずに、ご自身の判断で飲むのを止めてはいけません。

服用中はタバコは控えましょう。血栓症の危険性を高める要因となります。

さらに長期投与を行う場合には、定期的に婦人科検診を受けるようにしましょう。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ