プレマリンは通販

プレマリンと生理の関係

プレマリンは自然な生理に影響を及ぼさないように服用することが鉄則です。

現在では海外から輸入したプレマリンを購入することもできますので、それだけは必ず心得ておきたいものです。

更年期障害、骨粗鬆症の治療にも使われることの多いプレマリンですが、卵巣機能不全症・卵巣欠落症状の改善にも使用されます。

プレマリンの用法としては、1日0.625~1.25mgを服用するのが一般的ですが、その症状などによって量は変わってきます。

プレマリンを服用してはいけない人は、妊娠中子宮内膜ガンの方、乳ガンの方、脳卒中の方、心筋梗塞の方、狭心症の方、肺塞栓症の方、血栓性静脈炎の方などは是ったに避けるようにしてください。

またこの他に、てんかんの方、子宮筋腫の方、乳房結節の方、乳腺症の方、腎臓病の方、肝臓病の方、心臓病の方、全身性エリテマトーデスの方も、使用に注意が必要です。

そして、大切なことなのですが、もしプレマリンを服用中に長時間飛行機に乗ることがあったりする場合には、水分を分よりも多くとるようにしてください。

プレマリンには稀に血栓症を起こす場合があります。万が一ということもありますから、念には念を入れて水分を多めにとりましょう。

排卵を起こさせるため、そして月経を起こすため、プレマリンは更年期障害、膣炎、卵巣の機能不全、子宮出血の治療に使用されます。

しかし、比較的副作用の起こりやすい薬でもありますから、服用に馴れていない方などは医師の指導のもと慎重に服用した方が無難でしょう。

プレマリンの副作用で最も多くみられる嘔吐・吐き気、不正出血、乳房のハリ、腹痛などは、服用してから2ヶ月程度の間に見られることのある副作用です。

しかし、プレマリンは他の薬剤との組み合わせで、自然な月経サイクルを再現することも出来る医薬品です。不妊治療時などにも重宝されているのです。

プレマリンを使うことのリスクをしっかりと押さえ、副作用に冷静に対処できるのであれば、個人で輸入して使用することも可能となっています。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ