プレマリンは通販

プレマリンとルトラールの違いについて

プレマリンとルトラールの処方についてです。

どういった目的で処方された物にせよ、服用の際にこの二つの薬について詳しく知っておくに越した事はありません。

服用の前に予備知識としてどういった薬であるのかを覚えておきましょう。

1.プレマリン

結合型エストロゲンを主成分とする卵胞ホルモン薬です。

主に更年期障害の治療・症状緩和に用いられる薬で、のぼせ/発汗/血管運動神経症状に対して高い効果を発揮します。

その他、治療に用いられる可能性のある症状には、卵巣欠落症状/卵巣機能不全症/腟炎/機能性子宮出血/腹圧性尿失禁/骨粗鬆症などがあります。

副作用として最も注意が必要なのは、血栓症です。

手足の痛み・腫れ・浮腫み・痺れ、胸の痛み、突然の息切れ・息苦しさ、急激な視力の低下、視野の一部が欠ける、目が痛み、頭痛、片側の麻痺、呂律が回らない、意識が薄れるなどの症状があった場合には、直ぐに医師の診察を受けて下さい。

2.ルトラール

クロルマジノン酢酸エステルを主成分とする黄体ホルモン薬です。

主に婦人科で用いられ、男性の前立腺肥大症にも適応します。

生理不順/無月経/機能性子宮出血/黄体ホルモンの不足による不妊症などの治療に用いられ、更年期障害の治療には卵胞ホルモン薬の補助薬として処方されるケースがあります。

医師の診断によっては生理日の調整に利用される場合があり、高用量製剤では男性の前立腺肥大症治療に用いられます。

副作用に関しては、男性の場合、勃起障害など性的機能の低下が起こる可能性があります。

女性の場合、プレマリンと同様にホルモンバランスが崩れる事で発症する可能性のある症状が幾つもあります。

程度にもよりますが、肝臓に持病があるという方は服用が出来ませんのでご注意下さい。

また、どちらの薬も妊娠中の方は服用出来ません。

プレマリンとルトラールは併用して処方される場合が多く、その場合は目的も様々で、更年期障害の治療・症状緩和や、避妊、妊娠などホルモンバランスのコントロールに使用されている可能性があります。

どちらのお薬にも言える事ですが、ホルモン剤には基本的に血液を凝固させ易くするという特性があり、血栓症が危惧されます。

プレマリンの辺りで注意した血栓症の初期症状が疑わしい状況に陥った際には、早急に薬の服用を止め、直ぐに医師に相談をして下さい。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ