プレマリンは通販

プレマリンと黄体ホルモン薬の併用

プレマリンを服用するときには、治療の目的によって、黄体ホルモン薬の併用が必要とされています。

例えば更年期障害の治療には、原則的にプレマリン単体ではなく、黄体ホルモン薬の併用をすることになっています。

HRT(ホルモン補充療法)の場合、基本的には黄体ホルモン薬と卵胞ホルモン薬の併用をする決まりになっていますが、投与方法が複数にわかれます。

服用する方が、もし子宮の摘出手術を以前に受けているケースでは、卵胞ホルモンのみが処方され、黄体ホルモン薬は不必要です。

続けて投与される治療法のときは、休薬期間を作らなければなりません。

プレマリンを摂取する時期と休む時期を、周期的に設けるのです。

こうした周期的投与法が用いられる場合、患者さんに月経に似た出血があることもあるでしょう。

プレマリンの処方の指導方法は、患者さんにまだ月経があるか、閉経しているかなども踏まえた判断が求められます。

プレマリンの摂取を、何年にも及ぶほど長く継続した場合、一般的に子宮がんの発症率が高まると考えられていますが、黄体ホルモン薬も併用していることにより、その危険性は低下するという説もあります。

用法や用量は、医師の指導に従って、適切に行うことが重要なことがわかりますね。

病院でプレマリンの処方を受けるとき、妊娠中の方は服用できませんので、医師に伝えておきましょう。

妊娠がはっきり分かっておらず、可能性があるという状況でも、念のためそのことを相談した方が安心です。

摂取している薬がある場合は、飲み合わせなども考慮が必要なので、医師に伝えてください。

アレルギーを持っている方や血栓症などの持病のある方も、伝えておく必要があります。

手術を控えている方は、そのことを医師に伝えてください。

プレマリンは服用期間が長くなる場合、効果だけでなく副作用も考えられます。

納得がいくまで医師から十分に説明を受け、理解した上で服用し、治療に役立てたいものです。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ