プレマリンは通販

プレマリンと内膜の関係

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類があります。

これを薬剤として再現したのが、プレマリンとプロベラですプレマリンが卵胞ホルモンで、プロベラが黄体ホルモンです。

妊娠中の馬の尿から取った、天然型の卵胞ホルモンになっています。

卵胞ホルモンは、排卵や月経をおこすのに欠かせない物質です。

主に更年期障害などに使われますが、不妊治療にも使われます。

不妊治療では子宮頸管粘液の分泌を促したり、あるいは子宮内膜の肥厚を促すときに使用されます。

もともと卵胞ホルモンは、卵巣内の「卵胞」が育つときに分泌されます。

その力が弱いときに、プレマリンを使用するというわけです。

もしあなたが、本当に不妊でお悩みなら、こちらの方法を試してみるのも一つの方法です。

プレマリンは更年期障害や、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、機能性子宮出血、腟炎などの症状の改善、そしてコントロールを目的として処方されるケースが大半です。

そして他の薬剤と併用して使用するケースでは、その薬剤との組み合わせによって、プレマリンの働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあります。

持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケースもありますから、そのようなタイプの方は事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されるのですが、万が一特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが大切になってきます。

そしてプレマリンを服用する際に併用されることの多い薬剤ですが、主に効果の低減のために用いられます。

併用をした際に、プレマリンの作用を低下させる薬物としては、血糖降下薬のグリベンクラミド、グリクラジド、アセトヘキサミドなどの薬物成分があげられます。

また、プレマリンと服用を併用する事によって、作用を強化させる可能性をもつ薬剤としては「イプリフラボン」などがあげられます。

これらの薬剤を組み合わせて使用する場合は、十分な注意が必要となります。

プレマリンを服用すると内膜が厚くなる効果が見込めます。

不妊治療にとってはとても有効な作用です。

しかし、正しく使わなければ効果は半減してしまうので注意したいものです。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ