プレマリンは通販

プレマリンとメドキロンの違いとは

女性の方でホルモン剤を処方されている方は多いかと思われますが、プレマリンとメドキロンについては如何でしょうか?

実は、最近になって女性の悩みも様々なのだと知る機会がありました。

ホルモン剤に関しての情報を検索していた時なのですが、“恐怖症”という物にも多くの形があるのですね。

その方の話しによると、彼女は「嘔吐」に強い恐怖を感じるそうで、吐き気を催しただけでパニック症状に陥る程なのだそうです。

そんな彼女ですが、ある日、不正出血があった為産婦人科を受診した所、プレマリンとメドキロンを処方されたのだそうです。

恐らく、出血が機能性の物で、高温期にさせる事でそれを止めようという判断だったのでしょうが、ここで問題が起こります。

彼女は“嘔吐”に強い恐怖を感じる特殊な恐怖症の持ち主で、処方されたこの二種の薬には副作用として吐き気を催す場合があるという事。

不正出血への不安もありますが、同時に副作用への恐怖もある。

ある意味で究極の選択と言って良い状況だったでしょう。

結局のところ、吐き気や嘔吐への恐怖から薬の服用を悩んでいる内、不正出血も収まったとの事で話しは終結しましたが、これで不正出血が収まらなかったらどうなっていたのか。

彼女の気持ちになって考えると、相当苦しい選択になったのではないかと思われます。

ですが、これは決して人事ではないと思います。

実際、プレマリンやメドキロンのようなホルモン剤の服用には、非常に多くの副作用や過敏症が確認されており、同じような選択を迫られる可能性は誰にでも有り得るのではないでしょうか?

例えば、ホルモン剤の投与で悪化・発症の危険性が高まる血栓症などは、脳内で起これば大惨事です。

最悪死に至るケースもある病ですから、それを悪化・誘発させてしまう可能性のある薬を好んで飲みたいとは思わないのではありませんか?

余り深く考えずにホルモン剤を使用しようとする方が最近は多くなっているようですが、ホルモン剤という物がどういった薬なのかという事をしっかりと熟知しておく必要があるような気がします。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ