プレマリンは通販

プレマリンを避妊で使う場合

妊娠を促す為にも使用されるエストロゲン剤「プレマリン」。

しかし、全く正反対の避妊を目的としている場合にも、この「プレマリン」が処方される場合があります。

その理由に関して解説して行きましょう。

プレマリンはエストロゲンを主成分とする卵胞ホルモン剤です。

卵子の排卵に欠かせないエストロゲンは、卵巣内で卵胞の育成を促す役目を持つ成分なのですが、エストロゲンは排卵前に卵巣から分泌され、子宮内膜の下地を作ります。

しかし、プレマリンだけでは避妊効果は不完全で、排卵後に卵巣から分泌され、下地の上にしっかりした内膜を掛けるプロゲステロンが必要になります。

これにより、卵巣を刺激して卵胞を育てる卵胞刺激ホルモンが脳下垂体から分泌され難くなり、卵胞が成長しなくなるのです。

結果、排卵も起こらない為、避妊効果が得られるという仕組みですね。

どうして同じ成分を含む薬で正反対の現象が起こるのかと申しますと、人体は微妙なホルモンバランスで正常に保たれています。

しかし、正常に機能していない女性の場合、卵胞ホルモンの分泌が必要値に達していない場合があるのです。

これが不妊の原因の一つで、卵胞ホルモンを含有するプレマリンを服用する事で足りない卵胞ホルモンを補充し、正常な状態に戻す事で妊娠を促す事が可能になります。

対して、正常な女性の場合には、妊娠に必要なホルモンバランスをあえて崩し、コントロールする事で避妊が行なえるという訳です。

この微妙なバランスをコントロールする事こそが、この種の薬の本来の目的であり、種類や適応症の違いは配合するホルモンの僅かな含有量によって調整されている為に起こる現象なのです。

ですから、妊娠を促す為の薬として認識していた薬であったとしても、前述の解説にあった通り、使い方次第では避妊薬としての効果も得られるというのが「プレマリン」なのだという事を覚えておいて下さい。

プレマリンは非常に汎用性に優れた薬です。

しかし、それだけに扱いは慎重に行なわなければならず、また多くの副作用も持っているという特徴があります。

これはプレマリンのみならず、既存のほぼ全てのホルモン剤に言える事ですが、副作用の多さ故に、医師の説明をしっかりと聞いて噛み砕き、理解して記憶する事がとても重要です。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ