プレマリンは通販

プレマリンのジェネリック医薬品について

プレマリンを用いると、更年期障害にともなう不快な症状が改善されます。

とくに、のぼせや発汗など血管運動神経症状に効果が高いと言われています。

また、泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。

プレマリンは妊娠中の馬の尿から得た天然型の卵胞ホルモンです。

卵胞ホルモンは排卵や月経をおこすのに欠かせない物質です。

更年期障害や卵巣欠落症状、卵巣機能不全症などに用いて、不足している卵胞ホルモンを、プレマリンは補うことができのます。

また血液を固まりやすくして止血を助ける作用もあるため、プレマリンは機能性子宮出血にも使用されます。

用法・用量としては、0.625~1.25ミリグラムを1~2回に分けて服用するのが基本です。

プレマリンのジェネリック医薬品としてはエストロモンというものが幅広く流通しています。

ジェネリック医薬品とは簡単に言えば「量産体制が整った医薬品」です。

研究コストや臨床試験などのコストがすでに償却され、安価に生産できるようになった医薬品です。

ところが、プレマリン自体も安価なため、エストロモンとは対して価格差がありません。

どちらも同じ成分を持っています。

この薬の副作用としては、むくみ、体重増加、不正出血、発疹や蕁麻疹などの過敏症、腹痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、色素沈着、脱毛、頭痛、めまいなどが特徴的なものとして挙げられます。

さらに肝機能障害や子宮筋腫、心疾患などがある人は使用に注意が必要です。

また、エストロゲン依存性腫瘍や血栓性静脈炎などがある人はプレマリンを使用することは禁忌とされています。

プレマリンは女性ホルモンの「卵胞ホルモン」を補い、更年期障害などの治療に用いられることが多いです。

1日0.625~1.25mgを用います。機能性子宮出血、または腟炎には1日0.625~3.75mgが適しています。

漫然とした長期投与は行わないことが大前提です。

また、高齢者では生理機能が低下している場合があるので減量して用いるなどが必要とされています。

ですから、すでに投与に馴れている場合は個人輸入でもいいのですが、初めての場合は医師の診察を受けた方が良いでしょう。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ