プレマリンは通販

プレマリンとクロミッドの併用について

不妊治療において、プレマリンとクロミッドを服用する場合があります。

クロミッドは排卵障害が原因の不妊症と診断されたときに、排卵を誘発させる効果がある医薬品です。

不妊症治療にクロミッドだけではなく、プレマリンも併用する目的は、クロミッドの摂取による副作用を改善するためです。

この場合の副作用とは、子宮内膜が薄くなったり、頸管粘液が減ることなどの症状です。

クロミッドは排卵誘発薬の中でも代表的な治療薬で、その効果は同じ類の薬であるセキソビット(クロミフェン)と比較しても高いことが分かっています。

排卵が全く確認されない状況においても、クロミッドから処方されています。

優れた排卵誘発薬であるクロミッドですが、デメリットとして子宮内膜や頸管粘膜への影響があります。

このデメリットを補うのが、プレマリンなのですね。

排卵は、性腺刺激ホルモンが足りなくなったときに困難になります。

クロミッドは、卵胞刺激ホルモン(性腺刺激ホルモン)の分泌量を増加させる働きを持っています。

卵胞は、性腺刺激ホルモンの量が十分に改善することにより大きく成長しますから、排卵が可能になるというわけなのです。

月経がある無排卵周期症と診断されたケースでは、実際に妊娠する確率はここまで高くないものの、70%~80%を上回る排卵の成功率となり、第1度無月経のケースでも約60%~70%といわれています。

不妊症治療に利用されるクロミッドですが、男性の治療に医師から処方される場合もあります。

男性の不妊症の治療のときなどです。

男性がクロミッドを服用した場合は、睾丸に性腺刺激ホルモンが働きかけます。

男性ホルモンの分泌量がアップし、精子形成を促してくれるでしょう。

病院で受診する際、もしアレルギーや持病がある方は、そのことを伝える必要があります。

治療を受けるときには、効果のいい側面だけでなく、ともなう副作用についても医師から説明を受けて、十分納得した上で利用することが大切です。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ