プレマリンは通販

プレマリンとアルコールの関係

プレマリンを服用するようになってから、アルコールが弱くなったという感想がありました。

お酒が強かった方は、特に実感されるようです。

他には、プレマリンを処方した医師から、使用方法の説明において特にアルコールを禁じられなかったのに、好きではなくなったという方もいます。

プレマリンを長く続けている時期に、アルコールを飲んだ後疲労しやすくなり、なかなか回復しないという異変が出た方もいます。

プレマリンが医師から処方されるケースとして、カウフマン療法の治療があげられます。

カウフマン療法は、黄体ホルモン剤であるプロベラ錠と、卵胞ホルモン剤であるプレマリン錠を用います。

ホルモンのバランスを整える効果があることから、生理不順の改善などに役立てられている治療法です。

カウフマン療養の最中は、アルコールが弱くなることがあるようです。

治療が終了したり中止したあとは、再び以前のアルコール量が飲めるようになってくるとのことです。

カウフマン療養を長く続ける場合は、アルコールを分解する働きが影響を受けることもあるようです。

負担を肝臓機能にかけてしまうことが考えられるためです。

長期的にカウフマン療養が続くときには、肝臓機能の検診をしておくと安心です。

血液検査によって、結果がわかります。

ホルモンのバランスを整える目的でしたら、プレマリンではなく低用量ピルに移行するという手段もあります。

もちろん、当面は妊娠を望んでいないという方のみに可能な方法となります。

妊娠を希望していない方でしたら、肝臓をいたわるためにも、検討の余地がありそうです。

低用量ピルは副作用が少ないことや、摂取する回数が1日1回1錠でいいというのもうれしいポイントです。

いずれも、医師に相談をしてみてはいかがでしょう。

タバコは、プレマリンの服用中に禁止されています。

意外と盲点となっているのが、他の方が吸っているタバコの副流煙を吸い込んでしまうことです。

副流煙にも注意をしながら、治療を行っていきましょう。


■プレマリンの感想を確認する

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ